お金を借りる事に抵抗がなくなりました

私はこれまで、お金を借りる事に対して抵抗がありました。

お金と言うのは持っている範囲内で使うものであって、わざわざ人からお金を借りてまで使うことはないと思っていたのです。

私の両親も貧しいながらお金を借りずに頑張っていましたから、私も両親を見習ってお金を借りずに頑張ろうと思いました。

ところが両親から独立してからは、その考えが容易ではない事に気が付いたのです。

両親と同居している時はお金の苦労をすることはなかったのですが、独立してからは一気にお金に苦労する事になってしまったのです。

就職したての給料の額はたかが知れていますから、その中で家賃やら食費やらを賄って行かなくてはいけないのですから、簡単な事ではないのです。

はじめの頃は親が託してくれたお金がありましたが、そのお金は直ぐに使い果たしてしまい、いよいよどうしようもない状態になってしまったのです。

そこで私はお金を借りないと言う信念を曲げて、キャッシングからお金を借りてしまったのです。

お金を借りた事によって何とか生活を保つことが出来、私は命拾いをした気がしました。

一度お金を借りてしまったので、その後はお金を借りる事に対しての抵抗はなくなりました。

今ではお金が足りなくなると、何の迷いもなくお金をキャッシングで借り、生活費に充てています。最早お金を借りないで生活をする事など不可能であり、お金を借りずに行こうと言う信念は消え去ってしまいました。

独立して開業する場合もノンバンクから事業資金を融資してもらうかも知れません。

Comments are closed.

Staypressed theme by Themocracy