海外でお金を借りるのは本当に大変

海外に暮らしていると、お金が無くなった時にお金を借りる手段がないのでとても困ります。
もちろん、外国人向けにお金を貸している業者もありますが、海外ですから怖くて利用なんてできません。
総量規制対象外の銀行等、ちゃんとした所はまず外国人にはお金を貸してくれませんから、海外でお金を借りるのは、知人に頼るか怪しげな業者を頼るしかありません。
ネット全盛とは言え、キャッシングの振込みサービスも、海外口座にはさすがに対応してくれないので、頼れるのは知人のみです。
海外でお金がなくなると、本当に大変なのです。

お金を借りることはあまりいいことだと思わない

私は高校で簿記の資格をとってましたので、高校を卒業してからは大手の企業の営業会計事務という部署に配属になりました。
そのころに、手形や小切手や現金を扱っていたせいか私の性格は神経質なものへと変わっていったのです。
初めての職業って、その人の性格までも変えてしまうのだなと思いました。
私は友人と100円とかのお金の貸し借りでも、必ず返してもらうことができないと嫌な性格になっていました。
結婚して25年になりますが、いまだに友人や家族の間でお金を借りたことがありません。
ウォーキングしている公園で出会った知人は、近所のキャッシングできる会社から時々お金を借りてるようです。
その人は、お金を簡単に借りるので驚いてしまうことがあります。
コンビ二にいくようなノリでキャッシング会社にお金を借りに行くからです。
私自身はお金を借りることはあまりいいことだと思わないです。
でも実家の兄が貸して欲しいといえば、貸すかもしれません。

Staypressed theme by Themocracy