カード会社と車を売ってお金にしたいと思う

○今すぐ数十万円のお金が必要となったときどうしますか。
○借りるなら、どこ(誰)から借りますか。その理由は?

今すぐに数十万円のお金が必要になった時には、愛車を売ってしまうかもしれません。120万円した軽自動車でも、売ればまだ40万円程度にはなると思います。

それを考えますと、40万円程度なら色々なことに使えると思います。車のローンは働いて地道に返せばいいです。でも、急にまとまったお金が必要な時には、やっぱり車を売ってお金にしないと無理だと思うのです。

親からはなかなかまとまったお金を借りることもできないと思います。前に車を買った時に出してもらったことがあり、それからは「もう出さないよ」と言われています。

もしまだ足りずにお金を借りるなら、クレジットカードの会社に借りると思います。もう他にあてはありません。友人にはそんなまとまったお金を借りるなんて、友情関係が壊れそうで怖いです。

いつも使っているクレジットカード会社なら、30万円程度までは借りれます。30万円程度のお金があれば、色々なことに使えそうです。

車の売ったお金とこのカードのお金を合わせて、70万円程度になれば、かなり大きな買い物もできますね。返済はとにかくアルバイトをもう1つ増やしては返そうと思います。

気軽に借りれて、しかも信用度も高いから、30万円を借りても不安はないと思います。やっぱりいつも使い慣れているカード会社が1番です。

誰かからお金を借りるという特別な行為

私にとって誰かからお金を借りるという行為はただごとではありません。
もし仮に、誰かとなにかを割り勘で支払い小銭がない、という状態であれば小銭ができるまでお金を借りた状態になりますが、通常ないことです。

ただ全く借りることがない、とはいいきれません。
なぜかというと、以前、大学の学費として奨学金と言う名の借金をしたからです。

当時は社会人になったら簡単に返せると高をくくって借りてしまったのですが、後にその借金が自分に重くのしかかることとなりました。
それから、私はお金を借りる、ということに関してもっと真剣に考えるようになりました。
詳しく言うと、その借りたお金をきちんと将来的に返すことができるのか考えるということです。

(※ http://xn--n8jlgo1bi84al97rcpxc2y9d.biz/

ただ自分の欲望のままに、何かが欲しいけれども今持ち合わせがない、というような状況で簡単に人からお金を借りると自分の大事な人間関係を壊しかねません。
お金関係で一度壊れてしまった人間関係を修復するのは簡単ではありません。
もし私がお金を借りるとしたら家族からでしょう。
親戚ではありません。
兄弟か両親になります。

と言うのは家族であればこちらの事情も少しは理解できるかもしれませんが、友人だとお金を貸してはくれたけれど、相手が何となく嫌な気持ちで貸してくれたかもしれない、という可能性があるからです。
大事な友人であればこちらがお金を貸して、といえば断るということをためらって貸してくれるかもしれません。
家族であればわりと簡単にお金がないから貸せない、などと断ることもできるからです。
また借りなければならない状況でしか借りることはないでしょう。
そのお金がなければ明日食べるものもない、といった特別な状況です。
それでも10万円といった金額を借りることはありません。
あくまで自分にとって現実的な金額しか貸して、とお願いすることはできません。
これが私の今までの経験から考える、誰かからお金を借りる状況です。

お金を借りる事に抵抗がなくなりました

私はこれまで、お金を借りる事に対して抵抗がありました。

お金と言うのは持っている範囲内で使うものであって、わざわざ人からお金を借りてまで使うことはないと思っていたのです。

私の両親も貧しいながらお金を借りずに頑張っていましたから、私も両親を見習ってお金を借りずに頑張ろうと思いました。

ところが両親から独立してからは、その考えが容易ではない事に気が付いたのです。

両親と同居している時はお金の苦労をすることはなかったのですが、独立してからは一気にお金に苦労する事になってしまったのです。

就職したての給料の額はたかが知れていますから、その中で家賃やら食費やらを賄って行かなくてはいけないのですから、簡単な事ではないのです。

はじめの頃は親が託してくれたお金がありましたが、そのお金は直ぐに使い果たしてしまい、いよいよどうしようもない状態になってしまったのです。

そこで私はお金を借りないと言う信念を曲げて、キャッシングからお金を借りてしまったのです。

お金を借りた事によって何とか生活を保つことが出来、私は命拾いをした気がしました。

一度お金を借りてしまったので、その後はお金を借りる事に対しての抵抗はなくなりました。

今ではお金が足りなくなると、何の迷いもなくお金をキャッシングで借り、生活費に充てています。最早お金を借りないで生活をする事など不可能であり、お金を借りずに行こうと言う信念は消え去ってしまいました。

独立して開業する場合もノンバンクから事業資金を融資してもらうかも知れません。

事業資金の融資ならこちらのノンバンクがおすすですよ

給料日前なのに急にお金が必要になったら

私は今すぐお金が欲しい

私が今すぐにでもお金があればと思う時は、給料日前に欲しいものや必要なものが出てきた時です。

例えばあと給料日まで三日という時に、以前電子レンジが壊れてしまったことがあります。たかが電子レンジくらいなくても困ることはないだろうと、給料日を過ぎてから新しいものを購入しようと思っていたのですが、これがないととても不便でした。
毎日の食事を作るときや食べる時に電子レンジがあるのとないのとでは、その手間が大きく違ってきます。そのためその時には、今すぐに電子レンジの購入資金が欲しいと思ったものです。

そして他にも、私は趣味が読書なので普段からしょっちゅう書店や古本屋に足を運びます。そんなときに欲しい書籍がたくさんあるともっとお金に余裕があれば、欲しい書籍を全て買うことができるのにと思ってしまいます。

ただお金が必要だと感じてもお金がない場合、私は我慢をしてお金に余裕が出来るまで待ちます。それが待てることではない場合、例えば冠婚葬祭の急な出費などであれば、両親から借ります。

子供たちの学費こそは頭の痛いお金の悩み

簡単にお金を借りる

私は50代の男性会社員ですが、四人の子供たちがいます。皆、大学生や高校生であり、学費は非常にかかります。もちろん、受験や入学にも大金が必要です。ですから子供たちの学費が負担となって、お金に困ってしまうことは非常に多いです。

そんな時にこそ、何とかして簡単にお金を借りて必要な学費を用意しなければなりません。現実的に考えて、やはり一番頼りになるのは両親です。実際、今までにも何度も借金をしました。一回当たりの借金は、約100万円です。それらは今も返済中です。ですから、これ以上の追加の借金は頼みにくいという事情があります。

そうすると、次は銀行などの金融機関です。子供たちには奨学金も様々に活用していますが、貧しい我が家の場合、それだけでは足りないことが多いのです。したがって、奨学金とは別に簡単に借り入れが必要になってしまうのです。しかし利息の負担は気になりますので、最低限の借り入れしかできません。

何とかして一家全体の収入を増やせればベストなのですが、それが難しいので、お金の悩みは当分は続いてしまいそうです。

お金を借りるのにキャッシングサービスは便利

私は今まで、お金を借りた事がありませんでした。
クレジットカードは何枚か持っています。

お金を借りるなんて考えた事がありませんし、これからも借りる事は無いだろうと思い、クレジットカードのキャッシング枠は0円でカードを作っていましたが、先日、私が所有している「××クレジットカード会社」からはがきが届き、「今までの利用状況から、キャッシング枠○○円を設定させていただきました。

有意義にお使いいただき、日常生活をエンジョイしてください」的な事が書かれていました。
「お金を借りる気は無いし、私には必要ないわ」と思い、迷惑にさえ感じていました。
しかし、それが有りがたく思える日がやってきました。
突然、同僚との「飲み会」のお誘いがきた時です。

その日はちょうど現金の持ち合わせが無かったので断ろうと思ったのですが、私が気になっていた異性の方が出席すると聞いたら、私も出席しない訳にはいきません。

しかし、私の財布には3千円くらいしかお金が入っていませんでした。
銀行のキャッシュカードは家にあるので、出金する事ができません。
そこで、財布の中に入っていた「××クレジットカード」。
初めてキャッシングをして、飲み会へ出席。
楽しんできました。
借りたお金は翌日返済し、キャッシングサービスを便利に使ってしまいました。

銀行ローン特徴をあげると総量規制対象外とか

銀行ローンは、消費者金融やクレジットカード会社と比べると金利が低めに設定されています。

そして借入額の上限も高めになっていることも特徴といえます。

また、消費者金融と違って総量規制が適用されません。

なので、その銀行が貸しても構わないと判断すれば年収の3分の1をこえる金額も借入できますし、年収のない主婦や学生でも借りやすいのは消費者金融ではなくて銀行です。

キャッシングやローンを最初に利用するなら、安心と信頼ができる銀行がおすすめです。

海外でお金を借りるのは本当に大変

海外に暮らしていると、お金が無くなった時にお金を借りる手段がないのでとても困ります。
もちろん、外国人向けにお金を貸している業者もありますが、海外ですから怖くて利用なんてできません。
総量規制対象外の銀行等、ちゃんとした所はまず外国人にはお金を貸してくれませんから、海外でお金を借りるのは、知人に頼るか怪しげな業者を頼るしかありません。
ネット全盛とは言え、キャッシングの振込みサービスも、海外口座にはさすがに対応してくれないので、頼れるのは知人のみです。
海外でお金がなくなると、本当に大変なのです。

お金を借りることはあまりいいことだと思わない

私は高校で簿記の資格をとってましたので、高校を卒業してからは大手の企業の営業会計事務という部署に配属になりました。
そのころに、手形や小切手や現金を扱っていたせいか私の性格は神経質なものへと変わっていったのです。
初めての職業って、その人の性格までも変えてしまうのだなと思いました。
私は友人と100円とかのお金の貸し借りでも、必ず返してもらうことができないと嫌な性格になっていました。
結婚して25年になりますが、いまだに友人や家族の間でお金を借りたことがありません。
ウォーキングしている公園で出会った知人は、近所のキャッシングできる会社から時々お金を借りてるようです。
その人は、お金を簡単に借りるので驚いてしまうことがあります。
コンビ二にいくようなノリでキャッシング会社にお金を借りに行くからです。
私自身はお金を借りることはあまりいいことだと思わないです。
でも実家の兄が貸して欲しいといえば、貸すかもしれません。

Staypressed theme by Themocracy